参考資料   戻る
ドラゴンクエストIV ワールド漫遊記−WORLD TRAVEL SKETCHES−

●第一版 1991年4月12日  ISBN4−900527−64−5

●ドラゴンクエストIVのサブストーリーを、世界地図の主な街ごとに分類、収録した本です。この本は正方形に近い形をしていて、ドラクエに関する書籍の中では特に目立つ存在になっています。

●勇者と別れた仲間達がその後どうしているか、の疑問を題材にしているストーリーが大半です。これらは「知られざる伝説」でも触れられていないものばかりで、読んでおく価値は大きいです。全ページカラーで挿絵も多いため、楽に読むことができる部類に入るでしょう。ちなみに、挿絵には4コマでお馴染みの新山たかし先生も参加しています。

巻頭
(挿絵:山田貴敏)
(目次:(MS企画)菅原清美)
エンドール城
-Endohr Castle-

本文
松本多津子

イラスト
富所和子

ページ
6〜15

「開催!! モンスター武術大会」
-
●あらすじ
-
リック王子、モニカ姫の結婚式の終わった後、同じコロシアムで開かれたモンスター武術大会。エンドール王は、優勝者には王家に伝わる宝剣と騎士の称号を与えると約束してしまったから、さあ大変。心配する大臣をよそに陽気なエンドール王だが、実はキラーアーマーに扮した騎士長サイモンを出場させていた。しかし、思惑どおりには行かず・・・
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・エンドール王 ・宝剣の間
・大臣 ・レイクナバ風愛妻弁当
・サイモン ・モンスター武術大会
・アリーナ ・コロシアム
・キラーアーマー ・ピンクのレオタード
・トラ男 ・ボンモール
・トラ娘 ・エンドール
・ネネ ・サントハイム
・トルネコ  
・タロットス  
・モニカ  
・リック  
・ライノソルジャー  
スタンシアラ城
-Endohr Castle-

松本多津子

河南ゆら

16〜21

「アリーナ姫の花嫁(武者)修業!?」
-
●あらすじ
-
同じ年のフローラ姫から礼儀作法を学ばせ、おてんばを直そうと考えたサントハイム王は、アリーナに対してスタンシアラ城で花嫁修業することを命じる。しかし、窮屈なお城の生活にうんざりのアリーナは、お守役の吟遊詩人マローニの言うことも聞かず、なんとか舞踏会をサボろうとする。フローラもそんなアリーナに、徐々に影響されていくのであった。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・マローニ ・スタンシアラ
・アリーナ ・空中庭園
・フローラ ・天空城
・サントハイム王 ・天空人
・八つ裂きアニマル ・天空への塔
・スタンシアラ王  
サントハイム城
-Saintheim Castle-

小柳順治

新山たかし

22〜27

「ブライ、クリフト珍道中-アネイル騒動記-
-
●あらすじ
-
アリーナが花嫁修業に行っている間、サントハイム城ではさえずりの蜜を飲んだ王様の歌声がちょっとした問題を起こしていた。いくら美しい声でも日がな一日聴かされたのではたまらんということで、ブライに相談に行ったクリフト。しかし、ブライのぎっくり腰が原因で、唐突に温泉町アネイルまで湯治に付き合うことになってしまった。しかし、かつては落ち着いた感じのひなびた温泉町はド派手な観光地に様変わりしていた。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・マローニ ・サントハイム王立オペラ歌劇団
・サントハイム王 ・さえずりの蜜
・デスピサロ ・アネイル
・アリーナ ・テンペ
・クリフト ・フレノール
・ブライ ・バイキルト
・エルフ ・ホイミ
・ゴンじいさん ・マヒャド
・パフパフ娘 ・メダパニ
・宿屋の主人 ・モンバーバラ
・マーニャ ・メラゾーマ
コナンベリー
-Conanbury-

松本多津子

山田貴敏
今井修司

28〜35

「西航路幽霊船奇譚」
-
●あらすじ
-
ゴットサイドや天空への塔がある孤島を発見してしまったポローニアス号。そのまま港に帰ることなく幽霊船となってしまった謎に、腕に覚えのある船長ガスカールと少年パピエが挑む。実はドラクエIVの世界にも幽霊船は存在したというお話。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・ガスカール ・コナンベリー
・マグダフ ・幽霊船
・パピエ ・ポローニアス号
  ・大灯台
ガーデンブルク城
-Gardenburg Castle-

松本多津子

河南ゆら

36〜43

「ただ今花婿募集中ゥ」
-
●あらすじ
-
ライアンに助けられた少年ププルは成長し、ワンパク小僧になっていた。仲間の少年達とともにガーデンブルグ城にお手伝いに行ったププルは、予想外のことばかりに遭遇する。自分達よりも力持ちの女のコに力仕事を頼まれたり、ガーデンブルグ南東の洞窟までペット探しに行かされたり・・・そのうち、ププルは城の台所で意外な人物を発見するのだった。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・ライアン ・バトランド
・ベビーサラマンダー ・イムル
・ププル ・湖の塔
・バトランド王 ・ガーデンブルグ
・ホイミスライム ・ホイミ風呂
・女戦士  
・リリー  
・グレートオーラス  
ミントス
-Mhintos-

松本多津子

荒井孝昌

44〜47

「歓迎! エルフの里探検ツアー」
-
●あらすじ
-
ヒルタン老人の元、宿屋の経営を任されているホフマン。実は裏では着々とエルフの里探検ツアーの企画を考えていた。ソレッタで舞踏会とパデキア料理を楽しみ、パデキアの洞窟では幻の財宝を探し、その後山を越えエルフの里を目指すというこのツアーは、実は誇大広告のかたまりだった。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・ホフマン ・ミントス
・ヒルタン ・ヒルタン商人学校
  ・エルフの里
  ・エルフの里探検ツアー
  ・ソレッタ
  ・パデキア料理
  ・パデキアの洞窟
ロザリーヒル
-Rosariehill-

松本多津子

三月由布子

48〜55

「哀愁の慰霊碑」
-
●あらすじ
-
デスピサロが倒れてから数年後のロザリーヒル。満月の晩には丘の上にあるロザリーの石碑の周りで、恋人同士の幻が月の光に照らし出されるという。かつてロザリーが住んでいた塔に興味を持った少年ルカは、塔に侵入し一人残っていたスライムと出会う。この出来事は少年の中に一つの決意を作り出すこととなった。その後のピサロが語られる唯一のエピソード。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・ホビットの老人 ・邪心の面
・ロザリー ・皆殺しの剣
・ピサロ  
・ルカ  
・スライム  
・ピサロナイト  
モンバーバラ
-Monbarbara-

松本多津子

山田貴敏
中沢数宣
荒井孝昌

56〜64

「満員御礼! マーニャ特別公演」
-
●あらすじ
-
営業不振を打開すべく、久しぶりにマーニャを舞台へと呼んだモンバーバラ劇場支配人のブッフ。宣伝もし終わったが、肝心のマーニャ本人がなかなかやってこない。痺れをきらしたブッフは彼女を探しに旅に出たが、コーミズ、キングレオ、ハバリア、アッテムトと次々にタライ回しにされるのみ。マーニャは一体どこにいるのか・・・?どことなく暗いイメージの付きまとう大陸だが、その後どのように様変わりしたかがわかる。
-
●おもな登場人物 ●おもな登場語句
・マーニャ ・モンバーバラ
・ブッフ ・モンバーバラ劇場
・アンナ ・コーミズ
・ミネア ・キングレオ
・ももんじゃ ・ハバリア
・マリー ・ハバリア劇場
・クィーン・マルガリータ一世 ・アッテムト
・ベロベロ ・気球
・一つ目ピエロ ・アッテムト鉱山
・ジル ・錬金術
・オーリン  
アートギャラリー

松本多津子

山田貴敏
三月由布子
今井修司

65〜70

●ブランカ大聖堂壁画
●ブランカ礼拝堂ステンドグラス
●戦士リバスト像
ホイミンの大冒険

松本多津子

めるへんめーかー

71〜79

●あらすじ
-
仲間のモンスター達と別れ、人間になるための旅に出たホイミン。旅先でいろんな人間と会ううちに、様々な疑問がわいてくる。夢の中ではすでにホイミスライムではなくなっていた自分に気付いたホイミン。彼が人間になれるのはいつの日か・・・。ライアンと別れたホイミンのその後を絵本タッチで描く。(そのエピソードについては、「ドラゴンクエストIV 知られざる伝説」に収録されている「ホイミンの夢」で読むことができます。)

戻る